GALAXY Sのガイド書籍「できるポケット+ GALAXY S」が11月5日発売

  • 2010.11.05 Friday
  • 15:30
 10月下旬発売予定のNTTドコモ向けAndroidスマートフォン「GALAXY S(SC-02B)」の登場に合わせ、インプレスからガイド書籍がリリースされる。法林岳之氏、橋本保氏、清水理史氏、白根雅彦氏及び、できるシリーズ編集部による入門書「できるポケット+ GALAXY S」だ。発売日は11月5日、価格は1,260円、サイズは新書判で総ページは208。

GALAXY SはNTTドコモのスマートフォン・ラインナップの中では初のAndroid 2.2搭載モデルになり、できることが大きく広がっている。特にAdobe Flash Player 10.1、Adobe AIR 2.5 for Androidに対応することで、利用できるアプリケーションの幅が増えることが大きい。さらに、Wi-FiはIEEE802.11nにまで対応、Bluetoothも3.0をサポート、DLNA機能も備えている。様々な使い道が考えられる端末だけに、フィーチャーフォンからの移行ユーザーのみならず、HT-03AやXperiaからの機種変更ユーザーにとっても慣れるまでに学ぶことは多い。

書籍の概要は次の通り(公式紹介文より)。

「NTTドコモのAndroidスマートフォン『GALAXY S』の入門書。電話機能やWi-Fiの設定、文字入力といった基本的な機能の解説はもちろん、iモードのメールが使えるアプリ『spモード』の使い方、Googleサービスとの連携方法など、スマートフォンの基本的な使い方をレッスン形式でていねいに解説。ほかにも、カメラやビデオの楽しみ方、iTunesの音楽の転送、Officeファイルの編集といったプライベートや仕事に役立つレッスン内容で、すぐにGALAXY Sが使いこなせるようになります」

著者を務める法林岳之氏はインプレスのケータイ Watchで連載を持っていることからご存知の方も多いと思う。フリーライターで、パソコンやケータイなどのハードウェア、ソフトウェアの解説、レビューなど多種多様な記事を書かれている。橋本保氏も同様にケータイなどに関する記事を執筆するフリーライター。「できるポケット Xperiaをスマートに使いこなす基本&活用ワザ150」でも筆者の一人に名を連ねている。清水理史氏も同じくフリーライター。OSやネットワーク、サーバー関連記事を数多く執筆。同氏もできるポケットのXperiaのほか、BlackBerry Bold 9700の書籍も執筆している。最後に、白根雅彦氏だが、同じくフリーライター。ケータイ Watchを始めとするウェブ媒体などで執筆しており、やはりできるポケットのXperiaにも関わっている。
今日発売となる本書ですが・・・。本体の供給が追いついていない状況ですからねぇ。

Amazonが通常配送料を完全無料化、コンビニ受取も対象に

  • 2010.11.01 Monday
  • 16:23
 

大手通販サイト「Amazon.co.jp」が期間限定で行っていた全品無料配送が完全にサービス化され、通常の配送料が完全に無料になることが明らかになりました。

この無料配送サービスはすべての商品カテゴリが対象となります。国内への通常配送とコンビニ受取にかかっていた手数料が撤廃されることで、さらに便利に使えるようになりそうです。

サービスの詳細は以下から。 

Amazon.co.jp:配送料無料 - 便利でお得な配送サービスについて


大手通販サイト「Amazon.co.jp」が、これまでは期間限定で行っていた通常配送料無料サービスを恒常化させ、いつでもすべてのカテゴリの商品の通常配送、ならびにコンビニ受取が無料になることを発表しました。


ただし、お急ぎ便や当日お急ぎ便、お届け日時指定便、国外配送など、通常配送以外のオプション配送は対象外となります。また、Amazonマーケットプレイスの出品者から購入する場合も送料無料対象外となるので、購入前に販売者をよく確かめる必要はありそうです。


一番使用頻度が高いであろう通常配送の送料が完全に無料となるという、かなり太っ腹なサービスですが、少額の商品でも配送料の追加を心配する必要がなくなったため、ついつい買い物しすぎてしまいそうなのはちょっと怖いところですね。
ますますアマゾンが便利になりますね。発売日に欲しいもの以外は・・・。

The PlayStation Phone

  • 2010.10.27 Wednesday
  • 15:13
 It's hard to believe that what we're looking at is real -- but we assure you, the picture above is in fact the PlayStation Phone you've long been waiting for. As we reported back in August, the device you see is headed into the market soon, likely boasting Android 3.0 (aka Gingerbread), along with a custom Sony Marketplace which will allow you to purchase and download games designed for the new platform. The device snapped up top (and in our gallery below) is sporting a 1GHz Qualcomm MSM8655 (a chip similar to the one found in the G2, but 200MHz faster), 512MB of RAM, 1GB of ROM, and the screen is in the range of 3.7 to 4.1 inches. Looking almost identical to the mockup we hit you with this summer, the handset does indeed have a long touchpad in the center which is apparently multitouch, and you can see in the photos that it's still bearing those familiar PlayStation shoulder buttons. For Sony buffs, you'll be interested to know that there's no Memory Stick slot here, but there is support for microSD cards.

The particular model in these shots is still in prototyping mode. As such, the unit doesn't have a custom skin (not even SE's Timescape design seen on the Xperia devices), and is said to be rather buggy. We're digging into more facts as we speak, but it's likely that much of what we reported earlier is still accurate, and though the device could still be headed for a 2010 release, 2011 is looking much more realistic. Still, there's a lot of time between now and the holidays... so keep your fingers crossed!

PSP goな感じのandroid機ですね。発売の時期によっては売れるかもしれませんねぇ。

SCEJ、「PSP go」の価格を16,800円に値下げ 発売約1年で1万円のプライスダウン

  • 2010.10.25 Monday
  • 17:04
 10月26日 より価格改定 

価格:16,800円

 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEJ」)は、10月26日より、「PSP go」の価格を26,800円から1万円下げ、16,800円とすると発表した。

 「PSP go」は、2009年11月に登場した同社の携帯ゲーム機「PSP」シリーズのラインナップの1つ。最大の特徴はUMDドライブを廃し、代わりに16GBのフラッシュメモリを搭載していること。各種コンテンツはPlayStation Network経由でのダウンロード購入、もしくはUSB接続によるプレイステーション 3やPCからの転送といった手段で遊ぶこととなる。

 また、PSP-3000と比較すると、液晶ディスプレイのサイズが4.3インチから3.8インチに小さくなったほか(解像度は480×272ピクセル、1,677万色と同じ)、Bluetooth 2.0(EDR)を搭載、メモリースティック デュオからメモリースティック マイクロ(M2)に対応、本体電源入力/外部電源供給/USB/ビデオアウト/音声入出力を1つにまとめたマルチユース端子を搭載(ヘッドフォン端子のみが独立)、リチウムイオンバッテリーは本体に内蔵するなどの変更が行なわれている。

 独自の機能として、ゲームを一時的に中断した状態でも、XMB上での各種操作が行なえる「ゲームスリープ機能」が使える。「ゲームスリープ機能」を使うと、ゲームを一時中断して終了し、そのデータは本体メモリに残されるため、その後はXMBの操作が可能。さらにこのデータは電源をオフにしても残っており、ゲームを再開したい場合は、「ゲームを再開する」を選択することで再開できる。

 また、Bluetooth 2.0(EDR)に対応していることから、PS3のコントローラ(DUALSHOCK 3やSIXAXIS)でのゲームプレイが可能となっている。

 発売から1年が経過し、SCEJからリリースされているPSPタイトルはほとんどダウンロード版とUMD版が併売されるようになっているほか、サードパーティタイトルにも同時発売、もしくは廉価版の発売時期に合わせてダウンロード版が用意されるようになってきている。また、PS3とtorne(トルネ)との連携により、録画した地デジの映像を転送したりすることもでき、発売時よりも利用フィールドが広がっているので、本体価格の値下げはうれしいところだろう。 

□プレイステーションのホームページ 
http://www.jp.playstation.com/ 
□「PSP go」のページ 
http://www.jp.playstation.com/psp/go/ 

http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20101025_402489.html

コレはこの前触れだったのですね。
まぁ、16,800円でも、買わないかなぁ。

「グランツーリスモ5」が発売延期。2010年の“年末商戦期”へと変更に

  • 2010.10.14 Thursday
  • 08:51
 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンは,PS3用ソフト「グランツーリスモ5」の発売日を,「制作上の都合により」(リリースより),当初予定していた11月3日から「2010年の年末商戦期」に延期することを,10月13日に発表した。
 新たな発売日は,決定し次第,発表される予定とのこと。

 それに伴い,PlayStation 3本体とセットになった「PlayStation 3 GRAN TURISMO 5 RACING PACK」の発売日も,2010年の年末商戦期に延期される。

 気持ちはすでにアクセル全開だったファンにとって,再度の延期はなんとも残念なニュースだ。これ以上の延期がないことを祈るばかりだ。

「グランツーリスモ5」公式サイト
http://www.4gamer.net/games/098/G009884/20101013084/
さすがにもうないだろうと思っていたGT5発売延期ですが・・・。果たして吉とでるのか凶とでるのか・・・。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

amazon

google

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 「ボージョレ」解禁…ワイン党、都内の祝賀イベントで乾杯
    phentermine (12/02)
  • サクセス、将棋思考エンジン「BONANZA」がPSPに登場PSP「最強将棋 BONANZA」
    pornhub (12/02)
  • Adobe、クリックジャック攻撃対策も行われたFlash Player 10を公開
    cheap cialis (12/02)
  • GoogleをハッキングしてMP3をダウンロードする方法
    christmas cards (12/02)

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM