Microsoft、高速化したWebブラウザ「IE8」の正式版を公開

  • 2009.03.19 Thursday
  • 19:31
3月18日(現地時間) 発表

 米Microsoftは18日(現地時間)、Webブラウザ「Internet Explorer 8」(以下IE8)の正式版を、米国東部標準時間の19日12時(日本では20日午前)より提供開始すると発表した。英語版のみならず、日本語版を含む各国語版が公開される。

 IE8では、HTMLパーサーやCSSルールプロセッシングなどの性能を向上させており、表示速度の高速化を図った。同社によるベンチマークの結果、世界でもっとも人気のあるトップ25のWebサイトのうち12サイトにおいて、ほかのWebブラウザより高速に表示できたという。また、Firefoxと比較して3倍、Chromeと比較して3割多いサイトで最速の表示を実現したという。

 また、W3Cが定めるCSS 2.1標準に対して、市場にあるいずれのWebブラウザよりも多くのテストケースに合格しているという。一方で、IE7からのスムーズな移行ができるよう、互換表示モードを備える。

 機能面では、Webページ上のキーワードを選択して、コンテキストメニューからそのキーワードに関連したほかのWebサービスにアクセスできる「アクセラレータ」、RSSフィードの一部を切り出してお気に入りに保存し、アクセスを容易にする「Webスライス」、タブの色分け、閉じたタブの復元などを搭載した。

 セキュリティ面では、履歴を保存しない「InPrivateブラウズ」、危険性のあるページやダウンロードに対して警告する「SmartScreenフィルター」、クロスサイトスクリプトティング攻撃対策の「XSSフィルター」などを搭載した。

 また18日、Webプラットフォーム技術の新バージョン「Silverlight 3」のベータ版も提供開始した。Silverlight 3では新たにH.264ビデオの再生をサポートしたほか、GPUによる再生支援機能、Webブラウザ外でスタンドアローンアプリケーションとして実行できる機能などが追加されている。

□Microsoftのホームページ(英文)
□ニュースリリース(英文)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0319/ms2.htm
ブラウザ戦争で完全に遅れをとっていたIEですが、これで巻き返しなるのでしょうか。
【関連記事】
グーグルの「Chrome」、IEやFirefoxを上回る高速性能を記録--ExtremeTech調査[CNET Japan]
WebKit対応や高速化を図った「Lunascape 5.0」アルファ版
Webブラウザの満足度1位は「Firefox」、アスキー総研調査
Google Chrome、ダウンロード開始
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Webアプリケーションのセキュリティ完全対策―不正アクセスや情報漏洩を防ぐ まぁまぁ良書 WEBアプリケーションを小手先の技術だ...
  • もぼなもな書房
  • 2009/03/26 3:41 PM

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

amazon

google

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 「ボージョレ」解禁…ワイン党、都内の祝賀イベントで乾杯
    phentermine (12/02)
  • サクセス、将棋思考エンジン「BONANZA」がPSPに登場PSP「最強将棋 BONANZA」
    pornhub (12/02)
  • Adobe、クリックジャック攻撃対策も行われたFlash Player 10を公開
    cheap cialis (12/02)
  • GoogleをハッキングしてMP3をダウンロードする方法
    christmas cards (12/02)

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM