SCEJ、「PSP go」の価格を16,800円に値下げ 発売約1年で1万円のプライスダウン

  • 2010.10.25 Monday
  • 17:04
 10月26日 より価格改定 

価格:16,800円

 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEJ」)は、10月26日より、「PSP go」の価格を26,800円から1万円下げ、16,800円とすると発表した。

 「PSP go」は、2009年11月に登場した同社の携帯ゲーム機「PSP」シリーズのラインナップの1つ。最大の特徴はUMDドライブを廃し、代わりに16GBのフラッシュメモリを搭載していること。各種コンテンツはPlayStation Network経由でのダウンロード購入、もしくはUSB接続によるプレイステーション 3やPCからの転送といった手段で遊ぶこととなる。

 また、PSP-3000と比較すると、液晶ディスプレイのサイズが4.3インチから3.8インチに小さくなったほか(解像度は480×272ピクセル、1,677万色と同じ)、Bluetooth 2.0(EDR)を搭載、メモリースティック デュオからメモリースティック マイクロ(M2)に対応、本体電源入力/外部電源供給/USB/ビデオアウト/音声入出力を1つにまとめたマルチユース端子を搭載(ヘッドフォン端子のみが独立)、リチウムイオンバッテリーは本体に内蔵するなどの変更が行なわれている。

 独自の機能として、ゲームを一時的に中断した状態でも、XMB上での各種操作が行なえる「ゲームスリープ機能」が使える。「ゲームスリープ機能」を使うと、ゲームを一時中断して終了し、そのデータは本体メモリに残されるため、その後はXMBの操作が可能。さらにこのデータは電源をオフにしても残っており、ゲームを再開したい場合は、「ゲームを再開する」を選択することで再開できる。

 また、Bluetooth 2.0(EDR)に対応していることから、PS3のコントローラ(DUALSHOCK 3やSIXAXIS)でのゲームプレイが可能となっている。

 発売から1年が経過し、SCEJからリリースされているPSPタイトルはほとんどダウンロード版とUMD版が併売されるようになっているほか、サードパーティタイトルにも同時発売、もしくは廉価版の発売時期に合わせてダウンロード版が用意されるようになってきている。また、PS3とtorne(トルネ)との連携により、録画した地デジの映像を転送したりすることもでき、発売時よりも利用フィールドが広がっているので、本体価格の値下げはうれしいところだろう。 

□プレイステーションのホームページ 
http://www.jp.playstation.com/ 
□「PSP go」のページ 
http://www.jp.playstation.com/psp/go/ 

http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20101025_402489.html

コレはこの前触れだったのですね。
まぁ、16,800円でも、買わないかなぁ。

「グランツーリスモ5」が発売延期。2010年の“年末商戦期”へと変更に

  • 2010.10.14 Thursday
  • 08:51
 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンは,PS3用ソフト「グランツーリスモ5」の発売日を,「制作上の都合により」(リリースより),当初予定していた11月3日から「2010年の年末商戦期」に延期することを,10月13日に発表した。
 新たな発売日は,決定し次第,発表される予定とのこと。

 それに伴い,PlayStation 3本体とセットになった「PlayStation 3 GRAN TURISMO 5 RACING PACK」の発売日も,2010年の年末商戦期に延期される。

 気持ちはすでにアクセル全開だったファンにとって,再度の延期はなんとも残念なニュースだ。これ以上の延期がないことを祈るばかりだ。

「グランツーリスモ5」公式サイト
http://www.4gamer.net/games/098/G009884/20101013084/
さすがにもうないだろうと思っていたGT5発売延期ですが・・・。果たして吉とでるのか凶とでるのか・・・。

パナソニックが携帯ゲーム機!? 米国で「Jungle」ティザーサイトが話題に

  • 2010.10.06 Wednesday
  • 09:10
米国で10月4日にオープンした「Jungle」という携帯オンラインゲーム機のティザーサイトが話題になっている。ゲーム機の外観や対応サービスを披露する動画の最後にPanasonic Cloud Entertainmentとクレジットされており、米国パナソニックの子会社が手がけている製品であると報じられている。

現時点で公開されているわずかな情報をまとめると、Jungleはオンラインゲームを中心にしたエコシステムの構築を目標にしている。ゲーム機はクラムシェル型で、オンラインゲーム向けに設計されており、キーボードとタッチパッドを装備し、他のゲーム用コントロール機能もサポートするという。ティザーサイトでは、WebブラウザベースのMMO「Battlestar Galactica Online」を紹介しており、さらに「著名なオンラインゲーム開発者と新コンテンツの開発に取り組んでいる」としている。ブラウザベースの柔軟な環境を武器にした携帯ゲーム機になるのかもしれない。Machinima.comとのパートナーシップで「Online Underground」というオンラインゲームの情報番組を提供する計画で、こうした動画コンテンツもJungleで視聴できるようになりそうだ。


http://journal.mycom.co.jp/news/2010/10/06/003/
ん〜、ヒットしそうな気は・・・、今のところしませんねぇ。

任天堂「3DS」、発売は来年2月26日 価格は2万5000円

  • 2010.09.29 Wednesday
  • 15:34
 任天堂は29日、3D(3次元)対応の携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS(スリーディーエス)」を日本で来年2月26日に発売すると発表した。価格は2万5000円。専用の眼鏡をかけずに3D映像を楽しむことができるのが特徴で、2004年に発売した「ニンテンドーDS」の後継機となる。

 3DSは、現行のDSと同様に2つのディスプレーを搭載し、上部は3D映像の表示、下部は画面を直接触って入力するタッチパネル操作に対応している。3D映像の奥行きを手動で調節できるほか、背面に設置した2つのカメラを使って3D画像を撮影できる機能も搭載した。

 任天堂の岩田聡社長は同日、千葉市美浜区の幕張メッセで開いた会見で「キャラクターが立体になることで迫力が増す。奥行きや距離感が認識しやすくなり、ゲーム空間を自由自在に動き回れるようになる」と述べた。

 ソニー・コンピュータエンタテインメントも据え置き型ゲーム機「プレイステーション3」で3D対応を進めるなど、ゲーム機でも3D時代が幕を開ける。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100929-00000577-san-bus_all
11月という噂だったのですが、思ったより延びましたね。
年末商戦に間に合わせてくるかとも思ったのですが。

カプコン、PSP「モンスターハンターポータブル 3rd」12月1日、5,800円で発売 「TGS2010」にも出展決定

  • 2010.09.02 Thursday
  • 11:38
12月1日 発売予定

価格:5,800円

 株式会社カプコンは、PSP用ハンティングアクション「モンスターハンターポータブル 3rd」の発売日と価格を発表した。12月1日に発売、価格は5,800円となる。

 また、本作を東京ゲームショウ2010にてプレイアブル出展することを決定。出展に関する情報はまた別途発表されるという。


(C) CAPCOM CO., LTD. 2010 ALL RIGHTS RESERVED.

□カプコンのホームページ
http://www.capcom.co.jp/
□「モンスターハンター」シリーズ公式ポータルサイト
http://www.capcom.co.jp/monsterhunter/index.html

http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20100902_391093.html
クリスマス商戦にあててくるかと思ってましたが、ちょっと早めでしたね。楽しみです。

CEJ、PS3「グランツーリスモ5」11月3日発売決定 初回生産限定版とPS3本体同梱版も同時発売

  • 2010.08.18 Wednesday
  • 16:28
11月3日 発売予定

価格:7,980円

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(SCEJ)は、プレイステーション 3用オンラインカーライフシミュレーター「グランツーリスモ5」(GT5)の発売日を11月3日に決定した。価格は7,980円。また、初回生産限定版とPS3本体同梱版も同時に発売する。

 「GT5」は、実車をもとにした精緻なグラフィックスや物理シミュレーターによる車の挙動など、リアルさを追求したカーライフシミュレーター「グランツーリスモ」シリーズの最新作。本作には、スタンダードカー(標準車)約800台、プレミアムカー約200台の合計1,000台の車が収録されている。

 初回生産限定版には、自動車の歴史や仕組み、チューニングの効果などを学びつつ本作の攻略にも活用できる特製ブックレット(308ページ)と、プレゼントカー(5車種セット)をPlayStation Storeよりダウンロードできるプロダクトコードが封入されている。価格は7,980円。

 PS3本体同梱版「PlayStation 3 GRAN TURISMO 5 RACING PACK」には、160GBのハードディスクドライブ(HDD)を搭載したPS3本体と「GT5」のソフトウェアを同梱。同梱されるPS3とDUALSHOCK 3には、自動車のチタン製マフラーが熱で焼けた状態をイメージしたオリジナルカラー「タイタニウム・ブルー」が採用されている。
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20100818_387683.html
何年も待たされましたが、ようやく発売ですね。楽しみです。

“カルネージ”の新作はなんとアクションモード付き! アートディンク,ロボットシムシリーズ最新作「カルネージハート エクサ」を2010年10月28日に発売

  • 2010.07.09 Friday
  • 06:59
 アートディンクは,同社のロボットシムシリーズ最新作となるPSP用ソフト「カルネージハート エクサ」を,2010年10月28日に発売する。価格は5880円(税込)。早期予約特典として,シリーズ6作品の中から選りすぐりの楽曲を収録したサウンドトラック「鋼鉄のしらべ」が用意される予定。

■カルネージハート エクサ(Carnage Heart EXA)
プラットフォーム:PSP 
ジャンル:ロボットバトルシミュレーション
発売予定日:2010年10月28日 
予定価格:5880円(税込)
その他:データインストール機能対応
    アドホックモード対応
    CERO審査予定


新OKEから設計画面の様子までを確認可能。シリーズ最新作「カルネージハート エクサ」のプロモーションムービーを掲載

「カルネージハート エクサ」公式サイト

 前作「カルネージハート・ポータブル」から4年,同社の誇る自律型ロボットシムシリーズの最新作が,ついに発表された。
 カルネージハートといえば,「OKE」(Over Kill Engine)と呼ばれる軍事用ロボットのハードウェアを設計し,さらには機体に搭載するソフトウェアとして動作のプログラミングまでを行って戦わせるという,実にエッジの効いた特徴を持つシミュレーションゲームシリーズである。その歴史は古く,第1作は1995年に登場した「カルネージハート」(PlayStation)までさかのぼる。その後も順調にシリーズを重ね,2006年には洗練されたゲーム性と“携帯機版”という高いプレイアビリティを兼ね備えたPSP用ソフト「カルネージハート・ポータブル」(以下,CHP)が発売され,ファンから高い評価を受けている(CHPの詳細は「こちら」のレビュー記事などを参考にしてほしい)。

 今回発表されたのは,CHPをベースに新シナリオや新OKE,各種モードを追加したシリーズ最新作だ。

 本作は機体デザインやシナリオなど,ある意味では表面的な変更はもちろん,システムにもかなり手が入った内容となっている。とくに“操縦型OKE”という新フィーチャーには,シリーズ古参のファンはかなり驚くのではないだろうか。
 ……というわけで下記に,新要素や強化・改良された要素を紹介していこう。

■シナリオモードとバトルモードを搭載

 前作同様,ストーリーを進めながらチュートリアルライクにOKE設計を学べるシナリオモードと,設計と対戦に特化したバトルモードを搭載。バトルモードはもちろん,前作ではいろんな意味で(?)話題となったシナリオモードにも要注目だ(画面に写る登場人物を見る限り,前作とは違ったシナリオになるようだが……)。
 なおこれまでOKEのデザインは,知る人ぞ知るイラストレーター/モデラー横山 宏氏によって行われていたが,新OKEはすべて松本秀幸氏の手によるものになっているとのこと。デザインや動作のフィーリングがどのように変わるのか,そちらにも注目しよう。

■新要素「操縦型OKE」

 “自律型のロボットを作る”ことをウリとしている同シリーズにおいては,逆に冒険的といえる要素。これはOKEをプレイヤー自らの手で操作することができるという要素だ。実装方法としては“手動操作用”のチップをプログラムに配置する形らしいが,いったいどのようなプレイフィールになるのか,非常に興味深いところだろう。自律型vs.手動操作という遊び方の発展にも期待だ。

■新要素「アドホックモード」

 そもそも“リアルタイムにPSP同士で遊ぶ”という遊び方ができなかった(する必要のなかった)CHPには,これまで存在しなかったモード。今回は操縦型OKEも加わったということで,3対3で行う本シリーズの一般的なOKEでの戦いを,最大6人による同時通信対戦という形で実施できるようになっている。しかも操縦型と自律型の混成チームも使用可能とのことなので,こちらも遊び方にかなり幅ができた感じである。


■新要素「バトルアリーナとショップ」

 本作では,あらかじめ収録された多数のOKEと戦い,相手を倒すことで戦績ポイントを入手できるという「バトルアリーナ」モードが用意されている。この戦績ポイントは,同様に新規に実装される「ショップ」にて,強力なボディや武装と交換できるとのこと。ショップでは武装だけでなく,バトルフィールドなども購入可能とのことだ。

■新OKE

 二足歩行で人間のような動きをする「二脚型」から,空中をびゅんびゅん飛び回る「飛行型」まで,ベースとなるさまざまなOKEが用意されているカルネージハートシリーズ。本作でももちろん新OKEが用意されている。以下にリリースより,現在公開されている5体を紹介しておこう。

【アグリオス】

射撃戦、格闘戦に優れた二脚型OKE。
ガンタイプの武装とランチャータイプの武装をそれぞれ二種類ずつ装備できる。
近距離では左腕の格闘用ロッドを振り回し、広範囲に攻撃することが可能。


【ケイローン】

リーチの長い格闘攻撃を放つ多脚型OKE。
左腕の盾には防御能力があり、上手く弾を受け止めればダメージを大幅に軽減できる。


【グレイブストーン】

圧倒的大火力を誇るホバー型OKE。
ミサイルやロケットの搭載数は全機体中でもトップクラス。
ガンタイプの武装を装備できないのが欠点。


【ゲイザー】

軽快な機動性を発揮する車両型OKE。
高速ターンや急速ブレーキなど一輪ならではの機動を行う。
車両タイプにしては安定性が低く、バランスを崩すと転倒してしまう。


【アビスパ】

火力と機動力のバランスが良い飛行型OKE。ショットガンを搭載可能。
射角が縦横に広く、敵の死角を取って攻撃しやすい。


■新プログラムチップ

 操縦型のOKEという要素が追加されるとはいえ,ソフトウェアの設計,そしてその設計に用いるプログラミングチップは,本作の肝といえる要素だろう。本作では新チップ追加,また既存チップの仕様変更/機能追加が行われているので,以下にリリースより,詳細を引用して掲載しておきたい。

<新チップ>


○「ボタン判定」チップ 
操縦型OKEを設計するために欠かせないチップ。プレイヤーのボタン入力を判定してその後の行動を条件分岐させることができます。



○「ロックオン解除」チップ
ターゲットロック中のときロックを解除します。



○「カメラビュー変更」チップ
カメラビューを変更します。機体後方を見るカメラビューや、上空から機体を見下ろすカメラビューに変更できます。操縦型OKE用のチップです。



○「アナログ判定」チップ
アナログパッドを判定して、思考経路を分岐します。
操縦型OKE用のチップです。



○「ボタン状態を取得」チップ
ボタン状態を取得します。
操縦型OKEを設計する際に必要になるチップです。



○「ガンサイト起動」チップ
ガンサイトの起動、解除を機体に命令します。
ガンサイトを利用することにより、任意の方向に射撃を行うことができます。



○「ガンサイト移動」チップ
ガンサイトの移動を機体に命令します。
操縦型OKEで手動で照準をつける場合などに利用できます。



○「カウンタ指定ガンサイト移動」チップ
カウンタを使用してガンサイトを移動します。
自律型OKEに、敵の移動方向を予測して射撃させる場合などに利用できます。


<機能の追加されたチップの例>

以下は、前作から機能が追加されたプログラムチップです。

○「カウンタ操作」チップ
カウンタを使って演算を行います。
本作では三角関数の演算も可能です。

○「カウンタ入力」チップ
カウンタに各種データを入力します。
本作ではロックしているターゲットの速度や、自機識別番号など入力可能なデータが増えています。

○「サブプログラム呼び出し」チップ
大型CPUでサブ領域にあるプログラムを実行します。
本作ではサブ領域内でさらにサブプログラムを呼び出すことが可能になりました。

○「ジャンプ」チップ
機体をジャンプさせます。
敵の弾の回避などに使用します。
本作では斜め方向にもジャンプすることが可能になりました。

○「ターゲット動作判断」チップ
ターゲットの動作状態を判断して、思考経路を分岐します。
本作では新たに「オーバーヒート」や「シールド発生中」の状態を識別することができます。


■リプレイ保存/動画出力,データ通信

 本作では,前作にも存在したリプレイ保存機能はそのままに,リプレイデータのカメラ位置などを最小1秒単位で選んで,動画として出力可能になっているという。出力した動画はPSPからPCに転送してそのまますぐ閲覧できる形式なので,動画サイトへの投稿もスムースにできるという。
 またOKEのチームデータやリプレイデータは,アドホック通信やメール,あるいは専用サーバーを介して,ほかのプレイヤーとやりとりすることができる。
 なお本作では,アートディンクにより利用料無料の専用サーバー「SATLOKE」(サトローク)が提供されるとのこと。前述のデータのやりとりはもちろん,レーティング登録を行えば,PSPから戦績をアップロードしたりもできるらしい。このあたりのシステムが整備されていなかったCHPのファンからすれば,まさに至れり尽くせりのサービスといえるだろう。

 なお,本日の情報公開に合わせて,これまで公開されていたティザーサイトが,本作の正式な公式サイトとしてリニューアルオープンする予定だ。そちらではさらなる詳報が得られるはずなので,ファンはぜひ注目しておいてほしい。

新OKEから設計画面の様子までを確認可能。シリーズ最新作「カルネージハート エクサ」のプロモーションムービーを掲載

「カルネージハート エクサ」公式サイト

http://www.4gamer.net/games/115/G011552/20100708012/
昔かなりハマってヤリこみましたね。PS時代のCarnageHeartも隠しコマンドで手動操作ができていました。懐かしいですねぇ。

「ファイナルファンタジー XIV」,PC版の発売日が9月30日に決定! 同日よりサービスをスタート。βテストは7月上旬より開始。PS3版は2011年3月上旬発売予定

  • 2010.07.01 Thursday
  • 11:19
 スクウェア・エニックスは本日(7月1日),世界中のMMORPGファン,そしてファイナルファンタジーファンが待ち望んでいる,新作MMORPG「FINAL FANTASY XIV」のPC版を,9月30日(木)に全世界で同時発売すると発表した。
 また,正式サービスも,同日よりスタートするとのこと。
 気になるプレイ料金は1344円(税込)/30日だが,初回キャラクター購入から30日は無料で遊ぶことができる。

 なお,詳細は後述するが,7月上旬にはβテストの開始も決定。現在,公式サイトで参加者募集が行われている。βテストの内容に関しては,つい先ほど掲載した先行プレイレポートも参照してほしい。

「FINAL FANTASY XIV」βテストに応募する
「FINAL FANTASY XIV」公式サイト
「FINAL FANTASY XIV」βテスト先行プレイレポート:どこがどう変わるのかを,βテストに先がけて新画像と共に紹介


 本作は,現在もサービス中の「ファイナルファンタジーXI」(PC/PlayStation 2)とは異なる,「エオルゼア」という大陸が舞台だ。すでに,参加者を限定したαテストが行われており,4Gamerでもたびたびレポート記事を掲載してきたので,その片鱗はファンなら見ていることだろう。

 つい先日には,本作を使ったベンチマークソフトが電撃的に公開されたり,E3 2010でブラッシュアップされたバトルシステムが紹介されたりと,急激に“サービス開始”を予感させる動きが激しくなっていた。
 とはいえ,多くの人は「それでもサービス開始はもっと先のことでしょ」……なんて思っていたのではないだろうか。そんな矢先に,この発表がされたというわけで,本作のサービスを待ち望んでいた人にとって,まさに“超”がつくほどの朗報と言える。

■9月22日には,コレクターズエディション発売
■購入者は同日より先行ログイン可能

 なお,9月22日(水)には,同日より先行ログイン権をはじめとしてさまざまな特典が付いた「FINAL FANTASY XIV コレクターズエディション」が発売されることも合わせて発表されている。

■7月上旬にβテストスタート! 現在参加者募集中

 冒頭で述べたとおり,7月上旬にはβテストが開始される。βテストは抽選によってテスターが選考されるクローズドβテスト方式で,以下の募集ページからテスターに応募できる。テスターはテストのフェーズごとに徐々に増員されるとのことだが,いずれにせよ,なるべく早めに応募しておいたほうがいいだろう。
 筆者は以前,「ファイナルファンタジーXIII」の初回生産分に同梱されていたキャンペーンコードを使って,PS3版のβテストに応募したのだが,先ほど,そのときと同じスクウェア・エニックスIDでβテストに応募しようとしたところ,「すでにファイナルファンタジーXIV βテスターへの応募が完了しております」とのメッセージが表示された。

「FINAL FANTASY XIV」βテストに応募する
「FINAL FANTASY XIV」βテスト先行プレイレポート:どこがどう変わるのかを,βテストに先がけて新画像と共に紹介

■は2011年3月上旬に発売

 ちなみに,PlayStation 3版については,2011年3月上旬に発売が決定している。
 PS3版を待ち望んでいる人にとっては,発売日がはっきりしたものの,PC版に遅れること約半年ということで,ちょっとやきもきすることになりそうだ。

 PC版「FINAL FANTASY XIV」のサービス概要およびコレクターエディションの詳細については下記を参照してほしい。

商品名:ファイナルファンタジーXIV
対応機種:Windows
発売日:2010年9月30日(木)
標準価格:オープン価格
利用料金;1,280円(税込1,344円)/30日(※1)
サポート言語:日本語・英語・ドイツ語・フランス語(同時にサービス開始)
ジャンル:MMORPG

特典:
・初回キャラクター購入日から30日間利用料金無料
※初回生産分には、ゲーム内でご利用いただけるアイテム「ガーロンドゴーグル」インゲームアイテムコード(※2)が付属しています

年齢別レーティング(CERO):【B】12歳以上対象

商品名:ファイナルファンタジーXIV コレクターズエディション
対応機種:Windows
発売日:2010年9月22日(水)
標準価格:オープン価格
利用料金;1,280円(税込1,344円)/30日(※1)
サポート言語:日本語・英語・ドイツ語・フランス語(同時にサービス開始)
ジャンル:MMORPG

特典:
・初回キャラクター購入日から30日間利用料金無料
・9月30日(木)の正式サービス開始日に先駆け、9月22日(水)から先行ログインが可能
・天野喜孝氏・吉田明彦のイメージイラストが両面にデザインされた豪華特別装丁パッケージ
・その他、以下の特典を同梱
「オニオンヘルム」インゲームアイテムコード(※2)/「ファイナルファンタジーXIV」オリジナルタンブラー/「ファイナルファンタジーXIV」メイキングDVD「Eorzea ― The Making of a Realm」/ハードカバーピクチャーケース(ゲームソフト・メイキングDVD封入)/「ファイナルファンタジーXIV」オリジナルデザインセキュリティトークン

年齢別レーティング(CERO):【B】12歳以上対象

※1 利用料金について

・無料期間
「ファイナルファンタジーXIV」サービスアカウント(以下サービスアカウント)には、初回キャラクター購入日から30日間に限り無料でゲームをプレイできる「無料期間」があります。無料期間は初回キャラクター購入日から30日間となり、この期間中はサービスアカウントに紐付くプレイヤーキャラクター、リテイナーが無料でご利用いただけます。

・ご利用料金の課金開始時期
サービスアカウントの「無料期間」終了後、30日ごとにプレイヤーキャラクター、リテイナー数に応じた利用料金のお支払いが必要です。

・契約可能なサービスアカウント数
ひとつのスクウェア・エニックス アカウントにつき、最大8つのサービスアカウントをご契約いただけます。

・キャラクター等の追加購入
リテイナー(アイテム保管およびログイン・ログアウト中にゲーム内でプレイヤーキャラクターの代わりにアイテム売買を行うノンプレイヤーキャラクター)はプレイヤーキャラクターひとつにつき1体無料で利用することができます。将来的に、リテイナー1体につき30日間100円(税込105円)で追加契約が可能になる予定です。またプレイヤーキャラクター本体はひとつにつき30日間300円(税込315円)で最大8つまで追加契約が可能です。

・決済方法
当社が提供する「スクウェア・エニックス Crysta(クリスタ)」またはクレジットカード(Visa、MasterCard)をお支払方法としてご利用いただけます。「スクウェア・エニックス Crysta」の詳細については以下のページをご覧ください。

スクウェア・エニックス Crysta について
http://account.square-enix.com/howtocrysta/jp/

※2 インゲームアイテムについて
・「インゲームアイテム」は、「ファイナルファンタジーXIV」 サービスアカウントに対してのみ特典を受けることができます。アイテムコードが登録されたサービスアカウントにて新規作成されたすべてのプレイヤーキャラクターは、登録したアイテムコードの特典アイテムを所持した状態でゲームを開始することができます。(アイテムコード登録前に作成されていたプレイヤーキャラクターには特典アイテムを持たせることはできませんのでご注意ください。)

■ガーロンドゴーグル
新進気鋭の機械工房「ガーロンド・アイアンワークス」社製の高機能保護眼鏡
・能力:スキル成長速度UP

■オニオンヘルム
一皮剥けて活躍できるようにと、新米冒険者用に復刻された玉葱型の古式冑
・能力:行動不能時ペナルティ軽減

※「ファイナルファンタジーXIII」初回生産分に付属したキャンペーンコードは「ファイナルファンタジーXIV」Windows版でも使用可能です。詳しくはhttp://jp.finalfantasyxiv.com/ffxiii/をご覧ください。

「ファイナルファンタジーXIII」キャンペーンコードで入手できるインゲームアイテム

■アシュラアームガード
多手多芸の東方神「アシュラ」の名を冠する、魔法加工された 万能手甲
・能力:武器・魔器・道具・用具への適応UP

※PS3版の発売予定日は2011年3月上旬、価格は未定です。

【βテスト必要動作環境】

※お客様のコンピューターが下記動作環境を満たしていない場合、また必要動作環境を満たしている場合でも、各種ドライバー、ハードウェア、ソフトウェアの組み合わせ、相性によって正常に作動しない場合があります。

※3 Windows XP を利用している場合、ソフトウェアの実行やインストール、バージョンアップは必ず管理者権限で行ってください。
※4 64bitOS はWOW64(Windows on Windows 64)での動作です。
※5 マイドキュメントのあるドライブのファイルシステムはNTFS である必要があります。
※6 ゲームパッドは必須ではありません。
※この必要動作環境はβ版のものであり、製品版では変更になる可能性があります。最新の情報は公式サイトに随時掲載いたします。あらかじめご了承ください。

「FINAL FANTASY XIV」βテストに応募する
「FINAL FANTASY XIV」公式サイト
「FINAL FANTASY XIV」βテスト先行プレイレポート:どこがどう変わるのかを,βテストに先がけて新画像と共に紹介

http://www.4gamer.net/games/092/G009287/20100701001/
思ったよりも早かったですね。

SCEJ、PlayStation Networkの日本国内アカウント登録数が500万達成 3D<ブラビア>が当たるオープン懸賞などキャンペーンも開催

  • 2010.05.31 Monday
  • 17:34
5月31日発表

 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEJ)は、日本国内でのPlayStation Networkのアカウント登録数が5月31日時点で500万アカウントを達成したと発表した。

 PlayStation Networkはプレイステーション 3やPSPで楽しめるネットワークサービスで、PlayStation Home、アドホック・パーティ for PlayStation Portable βバージョン、週刊トロ・ステーションなどの各種サービスが提供されている。SCEJによると、コンテンツの販売をおこなうPlayStation Storeでは毎週100万超のアクセスを記録しており、日本国内でダウンロードされたコンテンツの総数は1億1,000万を超えるという。コンテンツ数は17,000を越える。

 アカウント登録数500万アカウント突破を記念して各種キャンペーンが実施される。一般向けオープン懸賞として、PlayStation.comに来た人を対象にクイズに答えて応募することで「3D<ブラビア>(KDL-46LX900)」が5名に当たる「PlayStation Network500万アカウント達成! 感謝記念プレゼントキャンペーン 3D<ブラビア> プレゼント!」をはじめ、PlayStation Storeで500円以上購入した人に抽選で計500名に「torne」などが当たる「PlayStation Network500万アカウント達成! 感謝記念プレゼントキャンペーン『プレイステーション』がもっと楽しくなるグッズプレゼント!」、PlayStation Store内でPlayStation Homeのアイテムを来訪者全員に配布するキャンペーンなどが実施される。


□プレイステーションのホームページ
http://www.jp.playstation.com/
□PlayStation Networkのページ
http://www.jp.playstation.com/psn/
□ニュースリリース
http://www.jp.playstation.com/info/release/nr_20100531_psn_5million.html

http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20100531_371181.html
Torneも好評ですし、PS3本体販売で利益が出せるようになったりと、PS3周りは明るいニュースが続きますね。

カプコン、モンスターハンター新作発表会を開催 PSP「モンスターハンターポータブル 3rd」を2010年末に発売 PSP「モンハン日記 ぽかぽかアイルー村」発売日とコラボ企画も明らかに

  • 2010.03.17 Wednesday
  • 08:42
3月16日 開催
2010年末 発売予定(PSP「モンスターハンターポータブル 3rd」)
2010年8月 発売予定(PSP「モンハン日記 ぽかぽかアイルー村」)

 株式会社カプコンは、「モンスターハンター新作発表会」を都内にて開催した。会場では、PSP「モンスターハンターポータブル 3rd」を2010年末、PSP「モンハン日記 ぽかぽかアイルー村」を2010年8月にそれぞれ発売予定と発表した。価格は未定。

 発表会冒頭の挨拶で、代表取締役社長COOの辻本春弘氏は「本シリーズは、2004年3月11日にプレイステーション 2で1作目が発売された。非常にたくさんの人からご好評をいただき、感謝している。なかでも、2008年3月27日に発売したPSP『モンスターハンターポータブル 2nd G』はいまだご購入いただいており、3月末で400万本出荷の目処が立っている。本日は、その約400万人のユーザーなど、それ以外の方々にも新たな感激を抱いてもらえるような新作になっている」とコメント。シリーズ最新作となるPSP「モンスターハンターポータブル 3rd」のプロモーション映像を公開した。

 公開されたムービーでは、“和”をイメージさせる色鮮やかな村「ユクモ村」の様子として、村のメインストリートらしき場所やクエストを受注すると思われる場所、さらに温泉(?)などが次々と映し出される。また、熊のような外見をしたモンスターをはじめ、これまでには見たことのないモンスターたちが次々と登場。オトモアイルーが、モンスターに向かってブーメランを投げるシーンも確認できる。さらにムービーの最後には、「モンハン」シリーズではもはやお馴染みとなった、その作品を象徴するモンスターと思われる姿も!?

 続いて登場したのはプロデューサーの辻本良三氏。辻本氏は「前作から約2年が経ち、ようやく本作をお伝えできる状況になった。従来シリーズのプレイ感覚を損なうことなく、新しい驚きを加えるべく頑張って開発している。今日はまだ出せる情報も少ないが、紹介させていただきたい。プロモーション映像にも入っていたが、多くの新モンスターが登場。新フィールドも出てくる。ハンターの拠点となる村も心機一転。新たな村“ユクモ村”で狩りを行なっていただく。これまでとはイメージが異なる色彩豊かな村。新要素としては、お供アイルーが進化。シングルプレイ時は“2匹”を連れて冒険することが可能になっており、戦略に幅が出てくる」とコメント。

 ここでステージ袖から登場したのは、なんとも愛らしい2匹のアイルーの着ぐるみ。会場の端々から「かわいい!」と声が沸きあがる。辻本氏は「私の左手にいるのは、どんぐり装備のお共アイルー。注目していただきたいのが、私の右手にいるアイルー。ご存知の方なら見覚えのある“レウスの装備”をしている。今回、お共アイルーの武器、防具をつけかえられる。カスタマイズも可能で、かなりの数を用意している。まだ紹介していない新たなコミュニケーション要素、その他システムなども多く入れている。そちらは今後の情報にご注目ください」とコメント。発売予定は2010年末。

 ゲストで登場した株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント代表取締役社長 兼 グループCEOの平井一夫氏は「私も今はじめてプロモーション映像を拝見した。今までのシリーズとは違った新たな世界観を感じることができ、本当に世界中のファンにとってビッグサプライズなんじゃないかと思っている。私には16歳の息子がいるが『父さん、プレイステーションバージョンはいつになったら出るの?』と毎日のようにプレッシャーをかけられていたが、これは業界の話なので当然息子にはできなくて……。今日は家に帰って、やっと息子に報告できることを個人的にも嬉しく思っている」とコメント。「年末商戦に向けて発売される本作、SCEとしても、前作をさらに上回るようなムーブメントを作るべく、カプコンさんと協力させていただきたい」と、発売に向けて積極的にサポートしていく旨を明らかにした。


 「モンハン日記 ぽかぽかアイルー村」に関する発表では、プロデューサーの北林達也氏が登場。「アイルーとなってアイルーたちの村で生活するということで、ジャンルは“アイルーライフ”とさせていただいている。シングルはひとり、アドホックモードで最大4人までのマルチプレイが可能」と概要を説明。

 「ゲームの特徴は、大きくわけて3つ」というう北林氏。「1点目は“キュートなアイルーとほのぼのモンハンライフ”。アイルーとのモンハンライフを楽しめるというゲームコンセプト。モンハンの世界をアイルー視点でほのぼのと描いている。2点目は“モンスターとのクエスト”。ゲームはアイルーたちが住む村を中心に描かれるが、もちろんクエストモードも用意されている。3点目は“2ndGと連動”。前作と連動するので、シリーズを通して楽しんでいただける」と説明する。発売は2010年8月予定。

 会場では、株式会社サンリオのキャラクター「ハローキティ」とのコラボレート企画も明らかにされた。公開されたロゴに描かれているのは、ハローキティの帽子をかぶったアイルーと、アイルーの帽子をかぶったハローキティの姿。ゲーム中の村には、こうしたコラボキャラが登場するほか、色々な形で展開していきたいという。9月には、本キャラクターを使用したコラボレートグッズ企画が行なわれるという。ゲームユーザーだけでなく、キャラクターファンも今後の展開に注目しておきたいところだ。
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20100316_355087.html



PSPのキラータイトルですね。個人的にも楽しみにしています。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

amazon

google

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 「ボージョレ」解禁…ワイン党、都内の祝賀イベントで乾杯
    phentermine (12/02)
  • サクセス、将棋思考エンジン「BONANZA」がPSPに登場PSP「最強将棋 BONANZA」
    pornhub (12/02)
  • Adobe、クリックジャック攻撃対策も行われたFlash Player 10を公開
    cheap cialis (12/02)
  • GoogleをハッキングしてMP3をダウンロードする方法
    christmas cards (12/02)

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM